アプリ・動画・Web

●Apps

 

1.   ChildFirst (Multi platform app) 初期調査における発達年齢に属した質問リスト、写真撮影ウィザード、通告機能,    
      Hacking Health (Hackathon), Vancouver, 2014で2部門受賞. (現在日本語版・英語版アプリ公開に向け制作中!)

 

現在、下記サイトから英語版、日本語版のデモサイト及びデモ動画(約7分)を公開中。ご意見を募集しております。


デモサイトはこちらから
 

 

日本語版アプリデモ動画 英語版アプリデモ動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Brief demonstration at Hacking Health hackathon in Vancouver 2014

                                                                                                               




  2部門受賞時のステージプレゼンテーションです。

 

 

 


 

 




●コンテンツ・WEB制作

 

  1. 性暴力を受けた子ども達へ 心理教育用の動画を@childfirsttanプロジェクトチームで作成し、2014年6月13日にYoutubeに公開しました。
    2015年1月4日、皆様からいただいたフィードバックを元に、第2版を公開中。


       

                                                                                 











    個人的には、性虐待の開示後から、児童相談所が行う司法面接前に、子どもからの過剰な情報収集は避けるべきですが、いくつかの先行研究から、開示した子どもの不安が高い場合には、それを下げられるような見通し(心理教育)を伝えられると良さそうなので、それを元に何らかのコンテンツができないかと思い、チームでこのインフォグラフィックス動画を作成しました。ちなみに、動画中にでてくる児童相談所は、National Children Adovocacy Centre(CAC:子どもの権利擁護センター)という未来像をイメージしています。日本にもワンストップセンターが早く発展し、CAC導入と医療-福祉-司法の多機関連携のベースイメージになるよう願っています。

     

  2. ”To all the children who are being hurt from sexual abuse" 性暴力を受けている子ども達へ 英語版














    本動画は、日本語版の内容を元に、性虐待の心理教育用インフォグラフィックスに仕上げました。性虐待とは何か?性虐待を受けたらどうなるか?性虐待を受けた子ども達はどこにSOSを出したら良いのか?の見通しを描いています。

     

  3. “Stop The 揺さぶられ症候群”アニメーションDVD&説明書 日本語版

    「ストップ・ザ・揺さぶられ症候群~日本語版~」は,オーストラリア, ニューサウスウェールズ州にあるウエストミード子ども病院の揺さぶれ症候群予防プロジェクトの許可を得て,3分間の"Remember, No Matter How Upset You Feel, Shaking Your Baby is Just Not the Deal(忘れないで,どんなに慌てても絶対赤ちゃんを強く揺さぶらないで)"を新たにSSPJが日本語版として翻訳・開発したものです。


    DVDのご注文はこちらから 最初の1枚目は無料で、2枚目以降は1枚500円です

    詳しくは、MCサポートセンターみっくみえwebからご連絡下さい。


     

  4. “Stop The 揺さぶられ症候群”Web(制作協力:下方丈司)   http://www.stopsbs.jp

    リンク先webでは、揺さぶられ症候群の内容について、絵本形式で分かりやすく説明しています。
    また、お父さん・お母さん方の内容と、思念者の方への内容、またその他エビデンスに基づく資料室、リンク集を設けています。














     

  5. SBSの予防のために講演動画”From Prevention To Promotion" 三重県SBSシンポジウム

    高岡がお話させていただいた三重県でのSBS予防プロジェクトの講演動画です。下段左が講演前半、右が講演後半です。
     

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

講演動画:後半にて、Dr.Carol JennyによるSBS発生機序の工学実験シーンをDr.Carol Jenny本人及び株式会社アップリカから使用・公開許可を得て、公開しています。

なお、本動画コンテンツ及びweb制作はNPO法人MCサポートセンターみっくみえ松岡典子氏(代表)が中心となり、その意志に賛同し集まった多職種メンバーSSPJで作成しました。

 

New!

動画の目的は

①性虐待とは?
②性虐待を受けた子ども達の考え方や様子
③支援を求めたらどうなるかの見通し
の紹介です。

 

支援機関への動機付けを高める臨床心理学の知見から
・・・心理教育、トラウマ反応のノーマライズ、援助要請先と援助を求めた後の見通し動画コンテンツの軸にしました。

 

使用対象
・・・特に性虐待の開示が高くなる小学校高学年から中高生と、子どもに関わる大人向け(学校・病院・児相・市町・保健センターなど)、そして一般の方々です。

Kota  
Takaoka

Hello!

 

I'm Kota Takaoka. 
 

Please feel free to leave your message.