Kota Takaoka

髙岡 昂太(たかおか こうた)
※ネットや引用文献で名前を「昴(すばる)太」と間違われる場合がありますが、正しくは昂太です。

意気軒昂(いきけんこう)や昂ぶる(たかぶる)などで漢字変換候補に出てきます。

​所属:

産業技術総合研究所 人工知能研究センター 確率モデリング研究チーム 研究員

http://www.airc.aist.go.jp/team_b/
千葉大学 子どものこころの発達教育研究センター 特任助教(非常勤)
http://www.m.chiba-u.ac.jp/class/rccmd/outline/staff.html
愛育研究所 客員研究員
http://www.boshiaiikukai.jp/research_members.html


産総研の業務として、以下の研究・開発をチームで行っております。

1. 生活場面や人間行動に関するモバイルアプリ開発

2. 子どもの安全に関わる現場データを用いたリスク推論及び確率モデリング研究

3. 画像・音声データのパターン認識/異常検知の研究
4. 虐待対応に関わる現場支援者をサポートするためのオントロジーモデル構築

現在、人工知能技術を活用した日常生活や人間行動に関するデータ解析のご依頼・ご相談を承っております。
・子育て支援
・虐待予防/介入/治療・支援
・性暴力やDV対応
・地域コミュニティ育成などに関する企画
・行政・自治体のデータ分析・効果研究
・メンタルヘルスケアに関するAI技術

・学校や幼稚園/保育園の子どもの安全
・支援者のタイムスタディ(業務分析)

・研究のコンサルテーション&アドバイザー、など

上記内容、またはそれに近い内容でしたら、私の産総研業務(生活現象モデリングおよび人間行動モデリング)としてお手伝いできる場合がございます。お引き受けできるか検討させていただきますので、お気軽に本ページ下のフォームよりご連絡下さい。


※その他、研修講師・講演依頼なども、本ページ下のフォームよりご連絡下さい。

※改正個人情報保護法にならい、2013年からの継続研究として、子ども虐待に関係する多機関連携の基礎研究を行っております。本研究協力の概要は以下PDFをご覧下さい。

Professional info

職業
言語

科学者兼実践家 (Scientist Practitioner
臨床心理士 (
Clinical Psychologist)

司法面接士 (Forensic Interviewer)

研究者 (Researcher Ph.D)

クリエイター(Creater

ソーシャルイノベーター (Social Innovator)

主な職歴
​関心

子育て支援〜子ども虐待対応における予防-介入-治療の多機関連携をICTを利用しながら、効果的な手法をリコメンデーションするシステムの開発・研究をしていました。

千葉大学大学院 医学研究院 子どものこころの発達研究センター
特任助教 2011 - 2013
日本学術振興会 特別研究員PD 2013 - 2015
日本学術振興会 海外特別研究員 2015 - 2017

University of British Columbia, Visiting Assistant Professor 2013 - 2017

Private
    Soccer

    Mac

    Vino
    Bohemian

    World travel
    Data visualization
    Infographics

Work

    Machine learning

    Bayesian Network
    PLSA
    Mobile app for health care
    Python
    R
    Swift
    HTML/CSS
    JavaScript 
    C#
    Microsoft Kinect

NPO法人 Child First Lab.理事 2016-2019
現場のニーズとデータ、それらを技術シーズに結びつけ、現場実践・研究/科学的評価・教育/研修・技術開発をつなぎ、こどもの安全に活かせるよう活動をしています。特に現在は、心理教育用インフォグラフィックスの開発、ソーシャルメディアを利用した企画・運営、システマティックレビューやメタ解析などの研究、スマホアプリの開発をしています。

 

・医療-福祉-司法(警察&検察)の多機関連携

・虐待の事実確認として司法面接 (NPO法人CMPN,Child First Japanのメンバーとして)

・教育機関における虐待対応のアウトリーチ事例

・SBSのコンテンツ開発(NPO法人MCサポートセンターみっくみえとの協働)

児童相談所 虐待対策班 非常勤
2010 - 2013

虐待対応&トラウマ対応の現場に関わっていました。

​教育歴
東京大学大学院 教育学研究科臨床心理学コース博士課程
2008-2011 (教育学博士)
日本学術振興会 特別研究員DC2  2009 - 2011

現場で働きながら、子ども虐待に関するアウトリーチと多機関連携について研究をしていました。

また臨床では、子育て支援及び虐待対応における認知行動療法を実践していました。

大阪大学大学院 人間科学研究科臨床心理学修士課程
​2006 - 2008

現場で働きながら、子ども虐待に関するアウトリーチについて研究をしていました。

明治大学 文学部心理社会学科臨床心理学コース
​2002 - 2006

現場に関わりながら、援助をもとめない・もとめられない方への支援について、関心を持ち始めました。

 

日本語

English

Kota  
Takaoka

Hello!

 

I'm Kota Takaoka. 
 

Please feel free to leave your message.